• ホーム
  • これから上がる注目株とNISAについて

これから上がる注目株とNISAについて

株式投資をスタートする人が注目しているのが今後上昇すると期待ができる注目株です。
NISA(少額投資非課税制度)がスタートしたことで個人投資家が増え、株式市場に流れる資金が増え、相場が活発化したのは確かでしょう。
今後の利益を期待して注目株を探すのは良いことですが、注目株を探すことはもっとも難しいことです。
どのようなことに注目してバリュー株を探すかについて説明してゆきます。投資を始める際にまずは資金を決めておくことです。
投資した資金が割り込むリスクも存在するため、余裕のある資金計画で投資に取り組みましょう。
初心者が陥りやすいトラブルとして、業績の悪い銘柄に手を出し、高値掴みとなることがあります。
資金の少ない初心者は低位株に注目することが多く、質の悪い銘柄を掴んでしまう危険性があります。株価の動きには一つの法則があり、価格が動くときに必ず上下に株価を変動させながら大きく上昇や下降を繰り返し、一定のバイオリズムを持ちます。
株は市場ではファンダメンタルズから影響を受けながら、投資家の取引で価格を変動させます。
低位株には初心者が集まることを知っているプロが投機し、相場を大きく動かします。
乱高下する株には提灯買いが入りやすく、タイミングを間違えると大損を招くでしょう。株式投資でもっとも注目してもらいたいのが企業業績です。
決算情報に注目し、直近業績が良好な銘柄に投資をしましょう。好業績の企業は配当金が支払われます。
好業績の銘柄は配当金権利が付き売買最終日までに株が買われ、権利落ち日を過ぎると若干売られる傾向が見られます。好業績であることで材料出尽くしで株価が売られることがありますが、好業績の企業はすぐに持ち直すでしょう。
しかし、業績悪化が見られる銘柄の場合、暴落すると株価が元に戻りません。
株価分析はプロでも難しいと言われています。NISAは税金免除というメリットがありますが、5年スライド後に特定口座に配置されたときに元本割れをしていた場合でも売却価格から税金が引かれてしまいます。
また、損失確定に対する損益通算ができないというデメリットがあります。
NISAの仕組みと投資の仕組みをよく理解した上で取り組むことが良いでしょう。

NISAのメリットは非課税になること

NISAの仕組みの詳細としては、まずその口座設定ができる年齢が20歳以上であることが要件となっています。
そして対象商品としては、国内株式や国内の投資信託商品だけに限らず、海外株式なども対象となっている商品があります。
その買い付け方式としては、通常の自分が必要な分だけ購入する通常買付方式に加えて、毎月一定額や一定の株式数等を購入していく積立方式があります。そして年間の投資総額120万円内では、その年から5年間は配当金と売却益が非課税となるという税金上のメリットがあるのが一番の魅力といえます。
通常の株式等が売却益等の2割程度は税金で差し控えることを考えるとかなりお得な制度となっています。
この制度の効果的な活用方法としては値上がりが期待できる注目株について購入後5年間値上がり益を非課税で取得できる点にあります。企業業績等のファンダメンタルズを分析して今後の株価上昇が期待できるけれどもいつ暴騰するかわからずまだ上昇の波の法則が見えていない頃から計画的に購入していけることがメリットなのです。
このようなバリュー株を確実に見つけ出すことそのものはプロでも難しいです。
しかいs単純に自己資本を株式発行済株式総数で割ってみて、現在の株価と比較して高いか安いか等の分析をするだけでも現在の水準が割安かどうかということが分かります。
それに加えて経常利益の動向などを把握すればこれが値上がりが期待できる注目株かどうかある程度目星はつけることができるでしょう。また、このような分析を自分で行うことで実際には業績が悪くて株価の暴落のおそれがある銘柄を購入することを回避することができるでしょう。
また購入と売却のタイミングですが権利落ち日前まで上昇し、権利落ち日後に下落するということを考えれば売却益を得るためには権利落ち日前に売却し、安い水準となっている権利落ち日以後に購入し上昇を期待するというような戦略も考えることができます。
5年非課税のNISAの特徴を最大限活用して利益を上げるようにするとよいでしょう。

人気記事一覧