• ホーム
  • FXと株の違いって分かりますか?

FXと株の違いって分かりますか?

副業としてネット証券企業に取引口座を開設して、株取引やFX取引を行っている人も増えています。
株もFXも多くのネット証券企業で無料で口座開設をすることが出来るので、始めたいという人はすぐに取引口座を作ることが出来ます。
株取引やFX取引は実際に行ったことがない人は仕組みや違いなどが判らないという人も多いので、始める前にはそれぞれ予備知識を身に付けた上で自分にあっていそうな方法の取引をしたほうが良いでしょう。株式取引とFX取引の違いをいくつか挙げると、まずは初期投資に対するリターンの大きさの違いを挙げることが出来ます。
現物の株取引の場合には、基本的には投資金額に見合ったリターンを受けとることとなるので、大きな利益を狙っている場合には初期投資額も大きなものとする必要があります。
一方、FX取引では、初期投資金額を証拠金としてレバレッジ取引をすることが出来るので、投資金額に対してかなり大きな利益を狙うことが出来ます。
ただし、リターンが大きい分リスクも大きなものとなるので注意が必要です。そのほか、株式投資とFX投資では、取引時間に違いがあります。
株取引の場合、売買は市場が開いている時間帯のみとなるので、それ以外では注文をするだけとなってしまいます。
FXでは、24時間取引を行うことが出来るので、夜間に売買をして利益を狙うこともできます。最近多くの人が投資をしている仮想通貨もFX同様に24時間取引をすることが出来ます。
金利の受取時期についても、それぞれ違っています。
株式投資は売買によって、売買差益で利益を狙う方法以外に、長期間保有して各種優待や配当などを貰うという方法もあります。それぞれ取引には特徴があり、リスクの大きさも違うので、自分がどの程度の利益を狙っているのかやどのくらい頻繁にトレードを行うかなどによって、投資方法を選ぶとよいでしょう。
株式投資はFXと比べると上場企業の数だけ選択肢があるので、いろいろな選択肢から投資先を選べるという楽しさもあります。

FXと株ならどちらが儲かるの?

FXと株取引を比べた場合、どちらが儲けることが出来るかが気になる人も多いでしょう。
単純に考えた場合にはFX取引はレバレッジを効かせた取引を行うことが出来るので、少ない初期投資額でも大きな利益を狙うことが出来ます。
勝ち続けた場合にはFX取引はかなり儲けることが出来ますが、市場の大幅な変動が生じた場合、多額の損失が発生してしまうリスクもあります。十分な初期投資資金が手元にある人は、現物株投資でも大きな利益を狙うことが可能となります。
短期間で売買を行って、差益で儲ける場合でも、株購入資金が大きければ、その分儲けることが出来ます。
ただし、現物株投資の場合、FXや仮想通貨取引と違い、取引時間に制限があるので、利益に狙うチャンスは株投資よりもFX取引の方が多いでしょう。株取引では、売買差益だけではなく、配当を狙って投資をすることもできます。
十分な資金があれば、安定した経営をしている企業の株などを大量に購入することが出来るので配当による利益もかなり大きなものとなります。
株取引ではIPOなどを狙って購入することでも利益を狙うことが出来るでしょう。
配当金利の受取時期なども考慮して株取引をすると効率的に儲けていくことが可能です。FX取引と現物株取引は同じようにネットを使って取引を行うことが出来ます。
しかし投資対象の性質が大きく違っていることもあり、一概にどちらが儲かるかを断定することはできませんが、小さい資金で大きく儲けたいという人はFX取引の方がチャンスもかなり多いといえます。
ただしリスクも大きくなることをしっかりと考えて、取引をすることが必要であり、長期的にみると利益率が下がってしまうこともあります。